おれんじぷらねっと

低レートですがポケモンの記事を稀に書きます。

【ポケモンSM S6使用構築】対面マリゲンポリ2 【最高レート1985】

 全世界114514人のマリゲンポリ2使いの皆さん初めまして。

ティオと申します。まずは、最終シーズンお疲れさまでした。

サンムーン最終シーズンということで、私自身今までで、一番真剣にレートに取り組むことができました。

その結果、2000にあと一歩届きませんでしたが最高レートを更新できました。

最後という事もあって記事を書きたいと思います。よければ見ていってください!

 

f:id:tiopoke:20171111001640p:plain

 

【構築経緯】

 サンムーンでは、マリルリ+ゲンガー+ポリゴン2という相性補完に優れた、

通称「マリゲンポリ2」を長らく愛用していました。

最終シーズンもこの構築で行こうと思ったので、似たような構築で高レートに載った方のパーティーを参考に組みました。

 

【個体紹介】

 

マリルリ

http://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/azumarill.gif

性格:いじっぱり

特性:力持ち

努力値振り:A252 B252 S4

実数値:175-112-132-x-100-71

持ち物:こだわりハチマキ

技構成:滝登り じゃれつく 馬鹿力 アクアジェット

 

火力がえぐい。じゃれつく外しマシーン1号

物理ポケモンを相手にすることが多かったのでB振り。

カバルドン入りが非常に多かったので、先発カバルドンを咎める鉢巻マリルリだったが、初手カバ読みでマリルリを出すとマリルリを読んだポケモン(テテフガッサなど)が出てくるので、カバ展開に対しては思った以上の活躍はできませんでした。

当てれば勝ちの場面で何度もじゃれを外しました。最終日近くは特にひどかったです。

ただ、バシャーモランドロスなど上位のポケモンたちに強く、鉢巻のお陰でえげつない火力が出るので有利対面を作った際の、制圧力はすさまじかったです。

 

 

・ゲンガー

メガゲンガー

性格:おくびょう

特性:のろわれボディ→かげふみ

努力値振り:H188 D68 S252 ※王冠使用済み

実数値:159-x-80-150-104-178(メガ前) 159-x-100-190-124-200(メガ後)

持ち物:ゲンガナイト

技構成:たたりめ ヘドロ爆弾 鬼火 めざめるパワー地面

 

↓じーこぽけさんの記事を参考にさせて頂きました。※リンク掲載許可済み

z1kopoke.hatenablog.com

普通の鬼火祟り目ゲンガー。個人的に一番使いやすく信頼してるメガポケモンです。

鬼火を物理アタッカーに当て、後続の身代わり剣舞ガブリアスで積むというのが勝ち筋の一つで、これはかなり強かったです。

パーティーでレヒレやブルルに勝てるのがこのポケモンしかいないのでこの二体がいた場合は基本的選出確定です。パーティー内で地面の一貫性ができてしまって、初手にゲンガーに強い地面がウヨウヨ出てきます。なので初手出しはかなり危険でした。

めざ地ですが、主にヒードランジバコイルウツロイドなどゲンガーに強いポケモンたちをまとめてぶちぬけるため、滅茶苦茶刺さりました。あと読まれない。

このポケモンで3タテすることもあり、やっぱり強いなあと思いました。

 

 

・ポリゴン2

http://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/porygon2.gif

性格:ずぶとい

特性:アナライズ

努力値振り:H244 B252 C4 D4 S4

実数値:191-x-156-126-116-81

持ち物:しんかのきせき

技構成:イカサマ 冷凍ビーム ほうでん 自己再生

 

最高の信頼を誇る物理受けポケモン。弱点やZ技じゃなければ特殊も普通に受けられるあたり、ほんとにこのポケモン狂ってますね…

ほうでんの枠は毒々と悩んみましたが、放電麻痺による運勝ちを経験しすぎて外せなくなりました。毒が入ると一気に弱くなってしまうのでそこだけ注意です。

グロスやギャラとの怯みバトルには9割9分負けなかった天才。

 

 

 ・ミミッキュ

f:id:nemo00960807:20170718043447g:plain

性格:いじっぱり

特性:ばけのかわ

努力値振り:A252 S252 H4

実数値:131-156-100-x-125-148

持ち物:気合のタスキ

技構成:じゃれつく シャドークロー 影打ち 剣の舞 

 

7世代のメガガルーラじゃれつく外しマシーン2号

パーティーできついレボルトやポリZを、タスキを盾に突破していく最強ポケモン

Z読みの行動をする相手も多かったので、襷が非常に刺さったように感じました。

とにかく選出するだけで基本、活躍するので頼もしさがやばかったです。

臆病テテフにS抜かれるのがきつかったので、陽気でもよかったかもしれません。

マリルリよりは、じゃれつくを外さなかったものの、こいつがじゃれつくを当てれば勝てた試合も多かった;; シャドクロの急所率は2%くらい。

 

 

ガブリアス

f:id:pipinpinpinpin:20171110231115g:plain

性格:ようき

特性:さめはだ

努力値振り:A252 S252 B4

実数値:183-182-116-x-105-169

持ち物:ドラゴンZ

技構成:逆鱗 地震 身代わり 剣舞

 

自慢のZポケ(パクリ)滅茶苦茶強かったです。

身代わりがまず読まれないため、やどりぎだの鬼火だのガンガン飛んできます。

身代わり剣舞してZ打つだけで止まらないこともありました。元レート使用率1位は伊達じゃないなと思いました。

受けに来るテッカグヤが、物理受け特化の場合2積みZで飛びませんが、ゲンガーの鬼火や鮫肌ダメが入っていたりしたので意外となんとかなりました。

非常に使いやすかったので、Zガブ使ってみてください。

 

 

 ・ヒードラン

http://www.pkparaiso.com/imagenes/xy/sprites/animados/heatran.gif

性格:おだやか

特性:もらいび

努力値振り:H212 B100 C4 D108 S84

実数値:193-x-139-150-154-108

持ち物:食べ残し

技構成:噴煙 大地の力 守る 毒々

 

テテフとポリ2を受けるつもりで採用したポケモン

ORASの頃の調整なのであまり覚えていませんが、Bをもう少しSかDに回せばよかったかなあと思ったり…

本来はチョッキカグヤだったのですが、とにかくパーティー単位でポリ2が重かったのでポリ2に強いドランにしました。

その結果、地面の一貫性ができるという致命的な弱点ができてしまいました。

また、テテフに受けだししてもこちらからの有効打がないため、居座ってサブウェポンでひたすら押されることもありました。なのでラスカノを採用してもよかったのかなあと思いました。ただ切る技がないんですよね…

結果的に要検討枠になってしまいましたが、そこそこの活躍はしてくれました。ただ、噴煙のやけど率はほぼゼロでした;;

 

 

【重いポケモン

多すぎるので特に気になったのを紹介。

 

メガミミロップ  

対面で勝てるのがマリルリミミッキュのみ。百歩譲って突破しても裏のナットレヒレのような並びが崩せない。ミミロップ入りへの勝率は約10%;;

 

カバルドン

マリルリを出さないとかなりきつい戦いになってしまう。そもそもHBぶっぱだと、鉢巻滝を耐えてくるこのポケモンおかしい。

 

カプ・レヒレ

勝てるのが基本ゲンガーのみ。火力のあるレヒレはホントに無理。  

 

ランドロス 

地面の一貫性。ポリ2も叩き落とされるとかなり厳しい。

 

グライオン

同上。一度身代わりを展開されると一方的に嵌められる。

 

ラティアス

型が多すぎてきつかった。ドランだしたら身代わり瞑想型にかもられたり、ミミッキュだしたら、ゴツメサポート型で逆に後続の起点にされたりと散々だった。

    

・毒ガルド

ポリ2がよく捕まった。ドランがいないとそのままゲームセット。

 

ビビヨン、ポイヒガッサ

催眠対策がガブの身代わりを先に展開することしかないため、先に展開できないとほぼ負け。

 

 

【基本選出】

大体3パターンくらい。その場のノリで決めてました(小声)

ゲンガー+ガブリアス+ミミッキュ(基本)

ミミッキュ+ポリゴン2+@1(いろいろきついやつ)

マリルリ+ミミッキュ+@1(カバルドン入り)

 

 

【感想】

あと一勝すれば2000に載れたかもしれないので本当に悔しいです…

ただ、XYやORASの頃と比べると、少しずつですがトレーナーとして成長することができたかなと思いました。

マリゲンポリ2自体は強い構築だと思うので、USMでもっとうまく使ってあげて2000に載せれたら…!と思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!一緒にUSM楽しみましょう^^

 

 

最高レート1985 最終レート1865

f:id:tiopoke:20171111214848j:plain

 

TwitterID : @tio_pokelive